ビジネスを行なう際のマインドセット。最大の結果を出すために最も重要なこと ~ その1

草原を歩く男性の足元の写真


ビジネス初心者の方ほど、”どうすれば行くのだろうか?” や “何をすればいいのだろうか?” という漠然とした考え方があります。

これは、複数の要素でうまく言ったりいかなかったりする為、率直な答えとしては、絶対的な手法は(具体的には)ない、と言わざるを得ません。しかし、抽象度を上げてみると、結果を出すために必要なことには共通のパターンがあります。
その中でもっとも基礎になる部分、根幹を挙げるならば、やり方よりも在り方ということです。

やり方よりも在り方

あなたが、「何をするか」と考えるよりも先に「何ができるのか・何を実現したいのか」という方向を決めることがより重要であるということです。

地図上の目的地を指で指し示す

まさにこの画像のように、歩き出す前に進む前に方向を正しく決めましょうということです。

そもそも「目指しているもの」、「実現したいもの」は、人によって異なります。
ある人にとっては「月に20万円のキャッシュフローを作りたい」と思っていても、別のある人にとっては、「3年以内に年収1億円のキャッシュフローを目指したい」と思う方もいますし、私のように「生活ができる最低限度の収入を権利所得で得ながら、自身の時間を家業に勤しむ両親の手伝いの為に使いたい」と思う人もいるかも知れません。
こうなってくると当然、この3人がそれぞれやるべきことや取り組むべき時間は、同じではないです。まずは正しい方向を決めるべきでありますが、その為には現状を正しく認識する必要があります。

全体像をつかむために、めんどうでも情報収集を

「木を見て森を見ず」の状態に陥らない為にもまずは情報収集をすることから始めるのがいいと思います。

あなたが情熱を注ぎたいと思っているビジネスのモデル・参考となるビジネスを行い、成果を出している企業や事業者のリサーチをしてみましょう。
企業のリサーチの視点として、
事業内容・・・どんな企業で何を目指しているのか
売上や利益・・・何をどのくらい実現して報酬が得ているのか
スキル・・・事業項目遂行の為に必要な知識や資格
理念・実績・・・企業の「在り方」や「基準」

こういった基礎的な知識、全体像の把握を後回しにしていきなりFacebookやツイッター等でマーケティングをしても、それはまさに裸でに出るようなものですので、たとえ面倒でも、最低限このようなリサーチをした上で知識を身に着けたほうが、結果として最短経路になると思われますし、その過程で得られた学びは、失敗から得る苦々しい類とは真逆のものとなることでしょう。

必要な知識を身に着け、全体像を把握したうえで、初めてやるべきことが見えてきます。

草原を歩く男性の足元の写真

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。このブログの管理人のToshiです。普段は海外事業として、Made in Japan の商用製品の販売業活動を行なっています。「なぜ、SNSマーケティングのブログなの?」と思う方も多いかと思いますが、逆にSNSを活用しなければこの営業活動は成り立たないと思うほどです。そう感じる反面、実はSNSは決してビジネスに直結したツールではないという実感を持っているのも事実です。 このブログでは、ソーシャルメディアの活用マニュアル要素も持ちつつSNSの本来の役割を再確認しながらどのようにビジネスに役立てていけるのかについて触れていきたいと思っています。